かみたにちづこの『我が街発見!』

散策が好きです。そして我が街好き。 見落としがちな豊島区周辺の、いいとこ、深いとこをご紹介します。

オブジェ・美術

ブタさんがいるお庭~南長崎 


南長崎の静かな住宅街にたたずむ、とあるお家の庭先。

あれはなに?とつい、ひと様のお庭ながら、覗き込んでしまった。

なんとそこには、かわいい豚ちゃんが5匹。

IMGP1466


庭に降りてくる飼い主を、待っているんですかね。

勝手に撮影しては失礼!と思いつつ、ついパチリ。

都心にも、こんな風景あり。

緑道沿いのなんじゃこれ?


谷端川緑道は、かっこうの散歩道でありますが、

その緑道沿いのごくごくフツーの家の軒先に人影が・・。

IMGP1449


フツーの家の軒先に人影なんて、フツーでしょうけれど、

これ、彫刻なんですね~。

広くはない庭先に何体も。

家主さんが、彫刻家で、家の中に置ききれなくなった作品を庭先に置いているのか?

あるいは、ひとつの展示なんでしょうか?

悪くはない光景ではありますが、夜、いきなり目にしたら、

ちょっと、怖いかも・・でありますね。

お洒落なマンション脇歩道に変なぼっくいが・・


西池袋のお洒落なマンション横の歩道。

新築マンションは、歩道の分を下げて建築すべし・・という規則があるのでしょうが、

せっかく作ったお洒落な歩道に、何故か、ぼっくいが並んでいる・・。

IMGP1444


歩きにくいことこの上ない。

これでは、ベビーカーも車いすも通れないですし。

これ、お金も掛かっているのでしょうが、

なんのためにわざわざ、設置したんでしょ。

まさか、嫌がらせじゃあないよね?

歩道だったら、シンプルに歩きやすく作って欲しいですよね。


目白の森に「なんじゃ、これ?」モニュメント

御屋敷が並ぶ、閑静な目白の住宅街に小さな『森』があるんです。

目白の森。

ここ、かつてマンションの建設計画が決定していたのを、

みどりを守りたい近隣住民の熱意で、保存されるようになったとか。

どういういきさつか知りませんが、今はよって豊島区のもの。

広くはないのですが、「うっそうとした」という雰囲気があり、

東京の真ん中に、こんな空間もあるのかぁ・・と新鮮です。

真ん中の小さな広場に、なんじゃこれ!!のモニュメント。

IMGP1430

ね、「なんじゃ、これ??」でしょ。

住民有志から寄贈された「切り株モニュメント」だそうです。

誰が作ったんでしょ?

かつてここにあった木の切り株なんでしょうかね?

ま、豊島区の「なんじゃこれ」のご紹介。


峯孝氏自宅発見!


千早町をプラプラ歩いて居たら、ごくフツーの家の植栽の中にこんなオブジェ発見。

アトリエ村2


彫刻家・峯孝氏(1913-2003)のもの。

ここは峯氏の自宅で、展示館になっているらしいのです。

この辺は池袋のアトリエ村だった所で、かつてはアトリエ付きの住宅が並び、

芸術家が集まっていたのですね。

峯孝氏といえば、稚内の「あけぼのの像」が有名で、

作品は各地の美術館に収められていますが、

自宅を使ったこの展示館には、試作品、原作など貴重な作品群が

展示されているらしい・・。

らしいというのは、今、扉は固く締められていて、こんな表示が・・。

アトリエ村3


かつては日曜日に開館していたようなのですが、

もう何年も閉ざされたままなんでしょうか?

だとすると、区の宝なのに、残念な限りで・・。




 

livedoor プロフィール